事業実績

香川県高松市における「うどん県電力株式会社」(太陽光発電事業)、三重県松阪市における「三重エネウッド株式会社」(未利用間伐材活用による木質バイオマス発電事業)をはじめとした地域事業者主体の「ご当地電力」事業コンサルティングおよびオーガナイズを得意としています。また2013年12月にはかねてからの念願であった地元枚方において地域最大級メガソーラーシステムを計画通りサービスインさせることができました。平成25年度環境省主管「地域における再生可能エネルギービジネス振興方策等検討作業部会」において事業者側代表者として検討委員を務めるなど精力的に活動しています。

2015年12月には木質バイオマス発電による事業会社である「バイオマスパワーテクノロジーズ株式会社」(本社:三重県松阪市、資本金3億4400万円)を創業し、代表取締役に就任。『バイオマスによる地方創生エネルギー事業~資源循環型社会の創造~Building the possibilities of Biomass Energy』を経営理念に掲げ、地域密着型のバイオマスエネルギー利活用を通じて、地域経済の健全なる発展に貢献することを目的に、三重県松阪市にて国内一号機となる直接燃焼方式による1990kWの木質バイオマス発電事業を運営しています。また、他の稼働前・稼働済発電事業者に対するコンサルティングやオペレーション教育・改善・技術支援をはじめとして、今後主流になると考えられる中・小・超小型規模のプラントのリサーチ・運営・提案も積極的に手掛け、バイオマスエネルギーの可能性を新たな現実解として地域社会のなかに創り上げていくことを目指しています。

太陽光発電事業

木質バイオマス発電事業